PEG-32

 

【種類】溶剤

多価アルコールであり、水溶性のポリマー。水溶性で保湿作用があり、水に溶けにくい他の成分を分散させることができます。化粧水やクリーム、乳液に用いられています。くっついて来る数字が低いと、ただの「溶剤」とか「保水剤」。「30」は「保水剤」としてのみ。そして数字が「32」以上になると、プラス「結合剤」。「400」になると「結合剤」と「乳化安定剤」、という働きになり、後ろの数字によって、効能が変化します。

​安心してお使い頂けるスキンケアはこちら→