界面活性剤とは?


界面活性剤は、水と油の混ざった状態を維持するという性質を持っているため、現代のほとんどの化粧品に配合されています。天然の界面活性剤である石けん( 脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム )と、石油、植物油脂で科学的に作られる合成界面活性剤があります。
合成界面活性剤はイオンによって、4種類に分けられます。

 <1>陰イオン(アニオン)界面活性剤<2>陽イオン(カチオン)界面活性剤
もっとも刺激が強いといわれています。
<3>両性界面活性剤
アニオンとカチオンの両方の性質をもっています。
<4>非イオン系界面活性剤
一般的に4つの中で最も肌への刺激が無く、トラブルを起こしにくいといわれています。食品添加物にも使われるレベルなので、安心ともいわれます。

おススメの商品はコチラ↓

https://www.frescaskin.co.jp/

 

Facebook はコチラ↓

おすすめ商品

UVハーバルゲル40 SPF40 PA+++《化粧下地》