活性酸素を避けるコツ(6)

 

「活性酸素特集(6)野菜の下ごしらえ」

前回の野菜の選び方に続いて今回は、農薬を減らす下ごしらえの仕方についてです。

1.流水で洗う
農薬を取り除くには水で洗うことが一番。葉物はザルに入れて洗います。約1分洗うと、野菜表面の農薬が半分近く落ちるとも言われています。

2.ゆでる
ほうれんそうなどの葉っぱ類はゆでてやることで農薬(殺虫剤)を溶かしだすことができます。農薬はアクとなって浮くのでアクとりは丁寧にやります。

3.皮をむく
皮をむけばほとんど農薬を取り除くことができます。根野菜(大根、ごぼう、にんじんなど)などは大抵皮をむくので安心ですね。

4.外葉を使わない
キャべツ、レタス、白菜などの葉物は、外葉の農薬の残留度がもっとも高いです。外葉を一枚除くことで農薬の残留は20分の1にもなるといわれています。

5.酢や塩をすり込む
きゅうりなどは塩もみをしたり、酢水につけたりすると、水と一緒に農薬が溶け出てきます。

おススメの商品はコチラ↓

https://www.frescaskin.co.jp/

 

Facebook はコチラ↓

https://business.facebook.com/frescaskin/photos/a.1112653362163000.1073741825.179001328861546/1703428119752185/?type=3&theater

​安心してお使い頂けるスキンケアはこちら→