「配合成分について(2)」


世の中には美容情報が氾濫し、綺麗なモデルさんが登場しては次々と新商品が紹介されます。
いかにも効果がありそうな成分も次から次へと出現します。
「スーパー○×コラーゲン配合」「ノーベル賞の○△成分配合」「世界初の□□成分配合」等等・・・・。
しかし、たとえ良い成分が入っていても、それがどのくらい、どのような状態で配合されているかが問題です。さらにはその成分の効果がありすぎるために、逆効果になる場合もあります。また、どんなに肌に良い成分であっても、それ一つだけの補給では美肌を保ったり、痛んだ肌を修復することは生理学上不可能です。
例えば、活性酸素は老化の元凶だと言って、合成化学物質でβ-カロチンを摂取すると、化学物質はまったく不純物が無いので、効果は強烈で、即効性があります。
だから、体中の活性酸素がほとんどなくなってしまい、逆に体の免疫力が無くなって、ひどい肌荒れを招いたりします。なぜなら、お肌にとって『活性酸素は悪』と思われがちですが、実はある程度は人体に必要なのです。活性酸素は、細菌を酸化力で撃退したり、細胞内の情報伝達など、賢い役目もしてくれる細胞でもあるのです。
つまり、必要な成分が、肌が必要とする適量、肌が必要とする形で全てそろってこそ、肌本来の美しさが継続するのです。
では、どのような成分配合のスキンケアであるべきなのでしょうか?
私たちは明確に答えが存在すると考えています。

①人間の生理的メカニズムに沿ったケアであり、皮膚を構成している成分とその機能を活性化するトータルケアであるべきです。
② 真皮細胞が美肌になるために必要な成分を過不足なく配合しており、真皮にきちんと届くような仕様で、frescaスキンケア成分配合率=理想の栄養バランス、かつ、ミネラルバランスの良い製品であるべきです。
③ オーガニックであるかどうかは無関係に、皮膚障害や肌トラブルの原因となる成分を完全に排除した製品であるべきです。
私たちの製品は、この3つの条件を、厳密に満たす選別、加工、調合にこだわっています。お肌に与える栄養素(スキンケア)は、食生活と同じで、「理想の栄養バランス」であるべきなのです。
40%穀物・30%たんぱく質・15%ビタミン・15%ミネラルこれが美と健康に理想的な栄養バランスです。
SKIN TREATSの成分配合率は、この栄養バランスに忠実に基づいています。

おススメの商品はコチラ↓
https://www.frescaskin.co.jp/

 

Facebook はコチラ↓

https://www.facebook.com/frescaskin/photos/a.1112653362163000.1073741825.179001328861546/1195730823855253/?type=3&theater