活性酸素を避けるコツ(10  )

 

「活性酸素特集(10)魚と貝の選び方と調理法(2.魚の調理法)」

1. 頭とエラ、ワタは落とす 
有機水銀は脳にたまりますし、残留農薬その他の汚染物質はエラ、ワタにたまることが多いからです。

2.腹の中まで洗う
餌に化学物質が混じっていることもあるので腹の中まで綺麗に洗います。

3.調味液は一度捨てる
醤油、味噌、酒かす、酢は浸透力が強いので化学物質が染み出てきます。化学物質が染み出た調味液をそのまま使うより、一度捨てて新しい調味液で調理したほうが安全です。

4.水煮や湯こぼしをする
さばの味噌煮やブリ大根などを作るときの下ごしらえとして、魚に熱湯をかけることで、脂に溶け込んでいる化学汚染物質を溶かしだすことが出来ます。また同時に魚の臭みも取れるので昔から行われています。

5.酢につける
酢は浸透性が強いため、化学汚染物質を引き出すことができます。酢の物の場合は、食べる直前に漬けていた酢を捨てて新しい酢と入れ替えましょう。

おススメの商品はコチラ↓
https://www.frescaskin.co.jp/

Facebook はコチラ↓

https://business.facebook.com/frescaskin/photos/a.1112653362163000.1073741825.179001328861546/1099893836772286/?type=3&theater